上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の記事がかなり雑だったので、自分なりに今回の制限改訂について考えてみる。


・神メモ絡み

『制限しても強かったから』の一言に尽きるかと(
モッガアリスでのアドバンテージ確保+サーチによる安定性を潰し、タイトルによる確定サーチを制限する。
方向性としては間違ってないと思います。
1枚制限の赤点鳴海ですらループできるほどのサーチ能力を誇っていたのだから、当然の処置。

じゃあ制限されて戦えなくなったのかと言われるとそんなことはなく、SRミンやSR赤アリスを初めとしたアドソはまだ活きてますし、そもそも禁止されたわけじゃないのでタイトルで一度は万能確定サーチが出来ると言うこと。
4ソースアリスも無制限なので、キャラの展開に関しては困らないはず。
ループ・サーチ手段の減少に伴い錬次が制限復帰したので、枚数に物を言わせて使い回せばまだまだアドバンテージで他に劣るということは無いでしょう。
ただ、初速はどうしても遅くなると思うので、如何に中盤を支えきるかが肝になりそう。
場さえ整えば、未だ最強クラスの攻防能力があるので戦えます。
デッキ切れまで粘りきるのは難しくなったかと思われますが、そんな戦い方自体がそもそも健全じゃないので問題なし(



・ゆるゆり

三つ子の魂百までが制限復帰。
ソース結衣の復帰を望む声が多かっただけに、こちらが解除されたのは少々意外。

これだけサポート除去が充実してきた環境で、あえてソース結衣を解除しなかったのは何故なのか。
Twitter等でも色々と意見が別れてるようですが、個人の考えとしては、運営側はあくまでも「タイトル間の強弱均一化」に拘っているのではないかと。
均一化というと語弊があるかもしれませんが、要は「対策手段の無いタイトルが詰むようなカードは規制する」という姿勢なのでしょう。
サポート除去の充実の発端になったのは、間違いなくソース結衣。つまりそれほどの強力さを誇ったわけで、神メモ発売まではゆるゆりの天下が続いてました。
初音ミクや偽物語ならソース結衣を容易く排除できますが、それ以外のタイトルではせいぜい一度除去するのが限界で、それ以降は絶望的なアドバンテージ差で戦う事になります。
ここが運営側とプレイヤーの認識の食い違いで、最前線でゆるゆりを使おうとするプレイヤーから見れば、サポ除去が蔓延してるガチ環境でソース結衣はさほどの脅威に映りません。
故に制限解除、となる訳ですが、運営からしてみれば「対策手段を強要し、かつそれがない場合はゲームが詰みかねないのだから制限する」という姿勢を取っている…ということじゃないかなーと思います。

STちなつが返ってこないのもほぼ同じ理由かと。あのカードのループ能力はそこだけ切り取れば神メモを髣髴とさせる程だったので…
神メモが今回徹底的に制限を受けたことからも、「過剰なループ・サーチ」に対し運営が神経質になっていることは伺えます。
ソース結衣も、考えてみれば「デッキを過剰なまでに掘り進めることによるサーチ・ループの基盤」と取れますしね。
タイトル間の強弱以外にも、そこが規制の基準になっているのかもしれません。
もしくは、「毎ターンほぼ確実にアドバンテージを稼ぐ」行為に対しての規制でしょうか。
まぁ、ここでいちいち考えたところで正答が出るわけでもありませんがw





……長々書いたけど、個人的にはソース結衣に戻ってきて欲しかった……
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://yuruyuripm.blog.fc2.com/tb.php/7-5d65477e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

コミコミ

Author:コミコミ
初めまして。首都圏で活動しているプレメモプレイヤーのコミコミです。
大会レポ、考察等のPMに関する記事を不定期で投稿していく予定です。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。